関節リウマチARTHRITIS

”関節リウマチ”とは

手指の関節リウマチimage

関節リウマチとは体の免疫システムが暴走して自分の関節を攻撃してしまう自己免疫疾患の一つです。それにより関節は炎症を起こし軟骨や骨が破壊され、関節の機能が損なわれ放っておくと関節が変形していまいます。
女性に多く30代~50代に発症することが多いとされています。

関節リウマチの症状について

正常な関節と関節リウマチの関節 概念図

関節リウマチは関節を覆っている組織・関節包の滑膜が炎症を起こし赤く腫れ動かさなくても痛みを感じます。
滑膜が炎症を起こすと炎症性物質を放出し放置すると次第に進行し骨の変形や骨びらんを起こしてしまいます。

当院の関節リウマチ治療

当院ではリウマチ専門医でもある院長が診察致します。
関節リウマチの疑いがある場合、看護師問診後、必要時にはレントゲン撮影を行い院長診察時に問診・触診(レントゲンを行っていれば)総合的に判断し、採血を実施します。採血の結果は翌日に分かります。採血結果でリウマチの治療のお話をさせて頂きます。内服・注射など数種類ありますので年齢・状態・患者様のお気持ちから判断させて頂き、治療方針を決定いたします。その後は定期検査を行いながら、経過観察し内服・注射の効果を確認いたします。痛みに対しての治療も併せて行い、できる限り苦痛の除去に努めています。

患者様のお気持ちに最大限に配慮し治療の提案をしています。

  • 看護師が患者様のQOL(生活の質)に合わせた生活指導も行っています。
  • 生物学的製剤を用いることで経済的な不安を持たれる場合にはご相談を受けています。
  • リウマチは、診断がついてから永く付き合っていかなければいけない疾患です。
  • 炎症・痛みを抑え上手なリウマチ生活を応援しています。