膝の痛み・膝のお悩み・人工膝関節置換術KNEE TREATMENT

”膝”でお悩みの方は
お気軽に当院までご相談ください。

ひざのお悩みイメージ

膝の痛みイメージ

膝の痛み、腰の痛みで悩んでいませんか。リウマチ等で関節の痛みに苦しんでいませんか。
当院では、ヒアルロン酸注射をはじめ、点滴注射、物療治療、鍼治療など、患者様それぞれに合った
痛みによる症状改善に努めています。
特に、膝関節の痛み、腰の痛みの治療には自信を持っており、遠方からもたくさんの患者様が来られます。
患者様の痛みが少しでも軽減されることが、院長の願いです。 「健康長寿」を一緒に目指しましょう。

膝の痛みについて

ひざの仕組み

膝関節はふとももの骨(大腿骨)の末端とすねの骨(脛骨)の上端にあります。膝が健康な時には、関節は自由に動きます。
しかし、膝のどこかの部分が悪くなると、関節の動きにも影響します。長い年月を経て軟骨にひびが入ったり、すり切れてしまったりします。
軟骨は完全に元に戻らないため、どんどん悪くなっていきます。最初、膝は少しこわばっているだけかもしれません。しかし関節の骨同士がこすれ合うにつれ、痛みを感じるようになります。

当院の膝治療

当院では、患者様それぞれの症状に合わせて、ヒアルロン酸注射や、その他の注射、物療治療、リハビリテーション、薬の処方等を行っています。

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症 概念図直接ぶつかる

長年に渡って膝を使い続けた結果、軟骨にひびが入って擦り切れてしまった状態です。老化と外傷が原因で、摩擦により関節炎を起こし、水が溜まったりします。骨と骨が擦れ合って、表面がでこぼこになったり、くぼみが出来たりします。太りすぎや、O脚・X脚などの歪みのある膝の場合にはより多くの力がかかり、早く悪化してしまいます。安静時の痛みは少ないのですが、歩きにくくなったり、転びやすくなったりします。

慢性関節リウマチとは

慢性関節リウマチ 概念図

慢性関節リウマチなどの慢性疾患の場合、関節の内側には腫れや炎症、滑膜の増殖などが起こります。症状が進むうちに、軟骨が溶けて吸収され、関節が破壊します。安静時痛も強くなります。

外傷

外傷 概念図

激しく転んだり、膝を打ったりすると関節を痛めます。この外傷がうまく治らないと関節に大きな力がかかり、年月とともに軟骨が擦り切れてしまう事があります。また大腿骨や脛骨の骨折後に変形が残ったまま治った場合なども膝の痛み・変形の原因となります。半月板損傷が先行し、軟骨障害を合併する事もあります。

骨壊死症とは

骨壊死症 概念図

骨の一部に血流障害が起こり、骨が腐ってくる病気です。

当院手術実績

手術の実績多数

注射等でも改善が見られない場合、手術による改善も期待できます。当院では、年間約200件の手術を行っており、その内約50件は人工膝関節置換術、約20件は内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術、椎弓切除術です。人工関節置換術は、平成10年から現在までの統計で、1600件を超えています。
当院では、最新の手術器具・システムを導入しています。

人工膝関節置換術について

当院が最も得意とする手術です。
遠方からも多数の患者様が来られます。

人工膝関節置換術レントゲン写真

人工膝関節置換術では、関節の痛みを和らげることが期待できます。手術によって、自分の膝関節を人工の関節と取り替えます。人工膝関節置換術には、全置換術と部分置換術があります。
手術後、動きがより楽になることが期待できます。当院では、ほとんどの患者さんが両膝同時に手術を行っています。

当院の人工膝関節置換術の特徴

  • 膝関節の痛みがなくなる、または大きく和らぎます
  • 下肢の内・外反変形がなくなり、筋肉がうまく働けるようになって脚の力が強くなります
  • 日常の動作や、衝撃の少ない運動がずっと楽にできるようになります

MIS(最小侵襲手術)について

MIS(最小侵襲手術)法 概念図

当院の人工膝関節全置換術(片膝手術の場合)では、できるだけ小さい皮膚切開で手術を行う方法(MIS・最小侵襲手術)で手術を行っています。
小さい皮膚切開で手術を行うと関節や筋肉に対する侵襲が小さくなるので、術後の回復が早く、リハビリテーションが速やかにすすみ、入院期間が短縮されると言われています。
ただしこの方法はどの例にもできるわけではなく、適用できない方もいます。
従来の手術法がよいか、MIS法がよいかを十分に検討し、手術を行います。

手術による下肢アライメントの改善(内反膝例)

77歳女性・両側同時手術を行いました

  • 術前

    手術前

    術前はO型変形で歩きにくく、
    杖を使ってやっと歩けていました。

  • 術後

    手術後

    術後はスマートでまっすぐな脚になり、杖なしで歩けるようになり、歩行スピードも速くなりました。

正坐ができた患者様もいます

327例の統計で34例正坐可能となりました。

  • 正座が可能に

  • 術後レントゲン写真

その他、手術後のレントゲン写真

  • 人工膝関節置換術レントゲン写真

  • 人工膝関節置換術レントゲン写真

当院で手術することのメリット

中村整形外科のリハビリ施設

大病院(急性期病院)では、手術が終わり急性期を脱した患者さんは、次に必要なリハビリテーションを行うために早期退院・転院後のリハビリをすすめられます。
当院では、症状が回復した後も、患者さんの可能な限りの可動域を獲得できるまで、当院理学療法士によるリハビリを行っています。手術後、すぐに退院し、他院でリハビリという不安がありません。
手術後も安心して当院で治療の継続を行うことができます。